captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

海峡

高倉健主演の映画である。

 

高倉健が主演する映画は、彼の魅力に頼っているものが多い。

 

この作品で主人公の国鉄マンが、彼でなかったらどうだったろう。

 

まじめ、実直、他人への深い思いやり、高倉健そのものが主人公である。

 

高倉健のファンは、全作品を観ただろう。

 

映画を観るのではなく、高倉健を観る。

 

この映画も、そういう感覚で観るとのめり込んで面白い。

 

邦画は、彼のような魅力的な俳優が出ていないと、つまらない。

 

中途半端な俳優ばかりの映画だと、監督の思想を押しつけられているようで、最後まで観るのが苦痛になるのだ。