captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

2001年、宇宙の旅

スタンリー・キューブリック監督の作品で、私の周りでは評価が高い。

 

オープニングで、原始人が投げた骨が宇宙船に替わるところが秀逸だという。

 

私には、退屈な映画だ。

 

宇宙船をコントロールしているコンピューターが反乱を起こし、宇宙飛行士が、それに挑むという内容なのだが。

 

地味、なのだ、全体的に。

 

芸術だと言われたら、そうですかとしか言えない。

 

評論家といわれている人の評価も、総じて高い作品である。

 

この映画が素晴らしいと思えるまで、あと何百本か観る必要があるのかもしれない。