読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ジングル・オール・ザ・ウェイ

アーノルド・シュワルツェネッガーが、子煩悩な父親役をコミカルに演じている。

 

この映画は、アメリカが抱える問題を浮き彫りにしている。

 

それは、日本でも増えてきている離婚、そして、子供の孤独である。

 

この映画では、離婚はしていないが。

 

両親と子供が仲良く暮すというのは、アメリカにおいて、いまや理想の家族となりつつある。

 

それだけ、離婚が多いということだ。

 

母親が子供を愛するのは勿論、父親も子供を愛しているのだよという、憧れを描いた映画だと言える。

 

深い感動はないが、それなりに楽しめる作品だ。