captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

華麗なるギャッツビー

F・S・フィッツジェラルドの小説を映画化したもので、いくつかあるが、レオナルド・ディカプリオ主演のものが、一番面白かった。

 

円熟味を増したディカプリオが、孤独な金持ちを違和感なく演じている。

 

この作品を観たら、空しさに包まれる。

 

映画にのめり込んでしまって、「もしあの時、~だったら」と思うことの多い作品である。

 

時代が違うこともあるけれど、自分とはほど遠い世界の話であるのに、感情移入してしまう、優れた作品である。