captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

宇宙戦艦ヤマト

大和シリーズというわけでもないが、ついでにこれも紹介しておこう。

 

初演は、40年ほど前である。

 

テレビアニメとしてスタートし、再放送で人気が出て、映画化され、シリーズ化もされた。

 

最初のテレビアニメの頃は、時代が追いついてなかったようだ。

 

主人公の古代進、盟友島大介、以外の登場人物の名字が歴史上の人物のそれである

 

そんなことは、どうでもいいか。

 

この作品の良いところは、登場人物が皆、真面目であるということだ。

 

敵も味方も、命懸けの戦いであるのだから、真面目であるのが当たり前なのだが、最近の邦画では、ふざけている方がカッコイイみたいな演出をする傾向がある。

 

だから、つまらない。

 

それと、宇宙戦艦ヤマト大和シリーズで一番面白いのは、第一作であるということを付け加えておこう。

 

セル画のアニメは、映画館で観ると非常に美しい。

 

CGアニメの違和感みたいなのが無い。

 

主題歌を作詞したのは、阿久悠である。

 

近年、幻だった三番と四番の歌詞が公開された。

 

これが、また、素晴らしい。

 

YouTubeにアップされているので、是非、聴いていただきたい。