captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

アナコンダ

気持ち悪さからいくと、この映画は五本の指に入る。

 

ジャングルで、巨大な蛇・アナコンダとの戦いなのだが、描き方が凄まじい。

 

アナコンダの習性として、飲み込んだ獲物を、消化する前に吐き出してしまうことがあるのだが、それも、しっかり描かれていた。

 

映画のアナコンダは、人間の味を覚えて、人間を捕食するのだ。

 

アナコンダは、ニシキヘビに比べると長さは同じくらいだが、重さは2倍くらいに成長する地上最大の蛇である。

 

本物かどうか分からないが、大型トラックのタイヤチューブを膨らませたようにジャングルでとぐろを巻くアナコンダが、撮影されている。

 

Googleアースでは、川を泳ぐ巨大な姿が映っている。

 

映画に出ているような巨大なアナコンダが、実在するかもしれないのだ。

 

気持ち悪さを追求したい人には、お薦めである。

 

なお、続編アナコンダ2は、全くつまらない駄作である。