captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

フューリー

ブラッと・ピット主演、アメリカの映画である。

 

1945年4月、ドイツ戦線。

 

主人公ドン・コリアーは、米戦車シャーマンの車長だ。

 

これはドイツの戦車「ティガー」より、遙かに性能が劣っている。

 

それでもドンは、歴戦を生き残り、多くの功績を挙げていた。

 

彼は、自分の戦車を「フューリー」と名付けている。

 

ある戦闘で副操縦手が戦死したため、新人ノーマンが配属された。 

 

彼はタイピストしての訓練を受けただけで、戦車を見るのも初めてだった。

 

そして最初の戦闘で敵を見かけたことを報告せず、味方に大きな損害が出た。

 

ドンはノーマンに、戦争というものを身を以て教える。

 

捕虜にしたドイツ兵を、力ずくで射殺させたのだ。

 

ドン達は、小さな街を制圧した。

 

次の作戦に向かう途中、ティガー戦車と出会う。

 

ティガーは1両、シャーマンは4両だが、ティガーの強さは圧倒的だ。

 

3両か破壊され、フューリーとティガーの一騎打ちとなる。

 

ドンは装甲の薄い背後に回り込み、何とか仕留めた。

 

フューリーの無線機が故障し、孤立してしまったドン達だが、作戦遂行のため「十字路」に向かう。

 

そこで地雷を踏んでしまい、キャタピラを破損した。

 

やがて300名からなるSSが行進してきて、戦闘になる。

 

この作品で、ドイツ軍のティガー戦車は、本物が使われている。

 

本物が持っている、重厚感、迫力が伝わってくる。

 

また、機関銃は弾筋を確認するために、数発ごとに曳光弾が入っているのだが、この作品で再現されていた。

 

映画では、SFの「エネルギー銃」みたいに感じるので、他では見かけない。

 

歩兵が、戦車の陰で飛んでくる銃弾を避けながら行軍する姿は、本物を彷彿とさせている。

 

銃弾が人体を貫通する時の血しぶきも、リアルだ。

 

何もかも、本物感を出している作品と言える。

 

若いタイピストが、一人前の兵士として成長していく話と捉えると、見方が変わってしまう。

 

これは、戦争を直視した作品として観るのがいい。

皇帝円舞曲

アメリカの映画である。

 

コミカルなミュージカルだ。

 

主人公ヴァージル・スミスは、発明されたばかりの蓄音機のセールスマンだ。

 

オーストリア皇帝、フランツ・ヨーゼフに蓄音機を売りつけるために、愛犬バトンズを連れてやってきた。

 

ところが、蓄音機を爆弾に間違えられて追い返されてしまう。

 

一方、愛犬バトンズは伯爵令嬢ジョアンナの飼い犬と出逢い、恋仲になる。

 

ヴァージルとジョアンナは、最初の出逢いが喧嘩とキス。

 

すぐに仲良くなるものの、「身分の違い」が壁になった。

 

また、ジョアンナの犬も、皇帝の愛犬との結婚が決まっていて、バトンズとの仲を引き裂かれてしまう。

 

このような状況から、アメリカの映画らしくハッピーエンドに向かう。

 

犬の演技が素晴らしい。

 

恋をして、失恋して、最後は結ばれる。

 

その時々の表情が、まさに、人間的だ。

 

70年前の作品だが、十分に楽しめる。

ダウン・バイ・ロー

アメリカの映画である。

 

モノクロで撮影されている。

 

ニューオーリンズでDJをしているザックは、仕事をさぼってばかりいた。 

 

恋人に愛想を尽かされ、アパートの前で酒を飲む毎日だ。

 

ぽん引きのジャックは、恋人から金遣いの荒さを指摘され、機嫌が悪い。

 

そこへ、仲違いしている同業者の男が来て、仲直りの印として売春婦になりたがっている女を紹介するという。

 

ジャックは指定されたホテルの部屋に入り、暗がりでベッドに横たわっている女に話しかけた。

 

そこへ、警官がなだれ込みジャックは銃を突きつけられる。

 

灯りを点けると、未成年だ。

 

ジャックは、少女売春の罪で逮捕された。

 

飲んだくれているザックの元にマフィアが来て、車を運んでくれと言う。

 

ザックは1000ドルで引き受けた。

 

運転中にパトカーが来て取り調べを受けると、トランクの中に男の死体。

 

ザックも、無実の罪で逮捕された。

 

ザックとジャックは、刑務所の同じ房に収容された。

 

暫くして、イタリア人のロベルトが、同じ房に収容された。

 

ある日ロベルトは、抜け道を見つける。

 

そして、3人で脱走した。

 

抑揚の少ない、退屈な作品だ。

 

芸術的な作品なのだろう、エンタテイメントではない。

 

モノクロにすることで、登場人物の心の変化を感じ取ってもらいたいのだろう。

 

成功しているとは言い難い。

 

 

殺したい女

アメリカのコメディ映画である。

 

サムは、財産目当てに大富豪の娘バーバラと結婚した。

 

大富豪は病気で余命幾ばくも無かったはずが、その後15年も生きながらえた。

 

サムは、自力で事業を成功させ金持ちにはなったが、バーバラに入る遺産が欲しかった。

 

そこで、バーバラを殺す計画を愛人キャロルに打ち明ける。

 

ところが帰宅してみると、バーバラはいない。

 

誘拐されたのだ。

 

犯人から電話があり、50万ドルの身代金を要求され、警察やマスコミに知らせると妻の命はないと脅迫された。

 

サムとしては、渡りに船だ。

 

早速、警察とマスコミに連絡して、誘拐はテレビや新聞で大きく報道された。

 

一方、サムの愛人キャロルは、恋人と共謀してサムが殺人を犯す現場をビデオに撮影することにした。

 

証拠のビデオがあれば、一生、サムを脅迫して大金をせびり続けられるからだ。

 

予定した現場に男女が乗った車が来て、窓を開けて、派手にカーセックスを始めた。

 

遠くからビデオ撮影していたキャロルの恋人は、残酷にいたぶって殺していると勘違いし、吐き気を催しながらも撮影する。

 

誘拐されたバーバラは、わがまま放題で、気の弱い誘拐犯は手を焼いていた。

 

誘拐したのは、気の弱い若い夫婦だ。

 

服のデザインをサムに盗まれ、その損害を取り返したかったのだ。

 

サムは、一向に身代金を支払おうとしない。

 

仕方なく値下げし、最後は一万ドルまで下げた。

 

この作品は、実に愉快な映画である。

 

登場人物それぞれが、思惑通りに行かない。

 

練りに練られた脚本だ。

 

破綻することなく、細かいところまで念入りに仕込まれていて、感心するくらいである。

 

喜劇の教科書、みたいな映画だ。

 

 

ソイレント・グリーン

チャールトン・ヘストン主演、アメリカのSF映画である。

 

1973年公開の作品で、2022年のニューヨークが舞台だ。

 

人口が四千万人にふくれあがったニューヨークは、少数の金持ちと大多数の貧困層に別れていた。

 

食料は枯渇し、プランクトンから生産されている「ソイレント・グリーン」という人口食糧が配給されていた。

 

主人公ソーンは、刑事だ。

 

ソルという老人と、アパートの小さな一室で暮らしている。

 

ある日、金持ちが殺された。

 

ソーンは、捜査を進めていくうちに理解した。

 

被害者は市長と知り合いで「ソイレント社」の秘密を知って殺されたのだ。

 

その後ソーンは、何者かに尾行されたり、群衆の中で暗殺されそうになった。

 

一方、ソルはソーンが現場から持ち帰った「本」を調べていくうちに、ソイレント社の秘密を知る。

 

そしてその足で、老人用自殺支援ホームへ向かった。

 

駆けつけたソーンに、ソルは自分の死体がどうなるかを見届けるよう指示して、息を引き取る。

 

近未来を描くのは、難しい。

 

この作品では、2022年なのにブラウン管の小型テレビ、電気式ではないひげ剃り、通信手段は交換手を通しての公衆電話、1973年当時の自動車など、笑える部分がある。

 

安っぽい作品だ。

 

SFを描くのなら、年代を決めないか、あるいは「宇宙歴◇◇年」みたいにしておくと、安全だろう。

 

 

アンジェラの灰

アメリカ・アイルランド合作の映画である。

 

1930年代初頭のニューヨーク。

 

世界恐慌の、真っ只中だ。

 

そこで出逢ったマラキとアンジェラは、結婚し子供を授かる。

 

次々と五人、子供が出来るが、貧しく、生まれたすぐの子が死んだのを機に、アンジェラの故郷アイルランドに帰った。

 

貧しさに変わりはない。

 

イギリス出身のマラキは、嫌われている上プライドが高く、仕事にありつけない。

 

なけなしのお金は、彼の酒代に消えていく。

 

仕方なく、彼はイギリスへ出稼ぎに行った。

 

アンジェラと子供達は、従兄の家に身を寄せる。

 

そこでは、「お金が払えないなら、身体で払え」という従兄の言いなりになるしかなかった。

 

子供達の、ためなのだ。

 

長男のフランクは、学業優秀で、力強く成長する。

 

クリスマスに父が帰ってきたが、無一文だった。

 

そして、再び出て行って、そのままだ。

 

成長したフランクは、アメリカへの夢が芽生える。

 

この映画は、画面が暗い。

 

仕事もせず飲んだくれている夫、子だくさん、極貧。

 

アイルランドの気候が、追い打ちを掛けるように暗い。

 

陰鬱な映画だ。

 

この作品は、フランクの自伝的小説が原作であり、フランクの目を通して描かれている。

 

暗いけれど、また観たくなる作品だ。

スルース

マイケル・ケインジュード・ロウ主演、アメリカの映画である。

 

ロンドン郊外の豪邸に住む作家アンドリュー・ワイクは、成功者だ。

 

ある日、売れない俳優マイロ・ティンドルがやってくる。

 

彼は、アンドリューの妻の浮気相手だった。

 

監視カメラで、すべてお見通しである。

 

アンドリューは、マイロと口喧嘩をする。

 

しかし、彼は妻と離婚するつもりだ、宝石を盗んで生活費にしろと言う。

 

宝石に掛けてある保険金が手に入るから、ウイン・ウインだと。

 

マイロは、言われた通り宝石を盗むが、アンドリューの手には銃が握られていた。

 

数日後、行方不明のマイロを捜査しているという刑事が、アンドリューの元にやってきた。

 

次第に、アンドリューを追い詰めていく。

 

ところが突然、変装を解き始めた。

 

刑事は、マイロだったのだ。

 

アンドリューは、そんなマイロが気に入り、一緒に住むようになる。

 

この作品は、35年前の「探偵スルース」をリメイクしたものだ。

 

その時にマイロ役をしていたマイケル・ケインが、この作品でアンドリューを演じている。

 

そういうこともあってか、ジュード・ロウの印象が薄い映画だ。