captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ツイスター

20年ほど前の、アメリカの映画である。

 

アメリカ中部・西部では、竜巻の被害が深刻である。

 

この映画は、竜巻のメカニズムを解明し、予報に役立てようとする「チェイサー」の活躍を描いている。

 

沢山の小さな観測機器を、竜巻に吸い込ませて、その動きを解析しようとするものだ。

 

だから、竜巻に接近し、予想される進路に観測機器を設置しておかねばならない。

 

この作品では、CGを駆使して、迫力ある映像に仕上がっている。

 

 

マリーゴールド・ホテルで会いましょう

イギリスの映画である。

 

舞台はインド。

 

父が経営に失敗した古いホテルを再建しようと、その息子が始めたのが、高齢者向け長期滞在型ホテルである。

 

いわゆる、ホテル形老人ホーム、みたいなものだ。

 

資金集めも兼ねて完成前にイギリスに広告を打ったところ、十人ほどが集まった。

 

それぞれ事情を抱え、やむなくここへやってきた老人達だが、日を経るにつれ、生活を満喫するようになる。

 

お年寄りばかりでは映画が暗くなるからなのか、若者の恋愛も絡めている。

 

老人達も、各の問題が解決されたりされなかったり。

 

イギリス英語なので、聴き取りやすく、リスニングの練習にもなる映画である。

 

 

 

怪盗グルーのミニオン危機一発

先日テレビでやっていたのを録画して観た。

 

改心した泥棒「グルー」が、真面目に店を始めたとき、「ミニオン」達が掠われてしまう。

 

物語はテンポ良く進んで、引き込まれた。

 

しかし、毎度の事ながら、「声」が気に入らない。

 

主役とその脇にいる者くらい、プロの声優を使え、と言いたいね。

 

台詞の棒読みは、勘弁願いたい。

 

映画館で、お金を払って吹き替え版を観たら、切れしまいそうだ。

 

残念ながらシリーズ物なので、今更交代は無いだろう。

 

それと、邦題の「危機一発」。

 

危機一髪が正しい日本語で、「一発」は、007シリーズに邦題を付ける時ピストルからイメージした造語である。

 

子供向けアニメに、「危機一発」は、いかんだろう。

 

付けた奴が、日本語が母国語でない奴だったからか。

心が叫びたがってるんだ。

日本の、青春アニメである。

 

先日、テレビでやっていたのを録画して観た。

 

高校生の少女が主人公である。

 

幼い頃、父親の不倫を目撃し、無邪気に母親に話したことで両親が離婚した。

 

出て行く父親が、「お前のお喋りのせいだ」と言い残す。

 

それに傷ついた彼女は、喋ることを封印してしまう。

 

そして、高校生に。

 

ある日、地域交流会の実行委員の1人に選ばれ、ミュージカルをやることになった。

 

彼女は、話すことが出来ないが、歌で気持ちを表現できることに気付く。

 

ばらばらだったクラスメートも、一つに纏まっていく。

 

よくある、青春ストーリーだ。

 

見終わった後、なんだか辛かったね。

 

高校生活を思い出して、後悔の無い人などいないだろう。

 

甲子園で優勝したエースくらいか。

 

それはさておき、この作品は、良くできている。

 

そして、若い俳優が出ている最近の邦画が、なぜつまらないのか理解した。

 

実写の作品に出ている俳優達が、アニメと違いがないのである。

 

台詞も動きも、アニメと同じである。

 

アニメなら面白くても、実写が同じ事をしていたら、つまらないのだ。

 

日本のアニメは世界に通用する。

 

邦画は、たまに良いのがあるが。

 

追跡者

「逃亡者」が成功して5年後に公開された、スピンオフである。

 

追跡する警官役は同じ、トミー・リー・ジョーンズだ。

 

元CIA捜査官が、殺人容疑で逮捕された。

 

飛行機で護送中に墜落事故に遭い、犯人は逃走する。

 

追跡劇が、始まった。

 

トミー・リー・ジョーンズは、渋くて、カッコイイ役なのだが。

 

BOSSのCMの影響で、「宇宙人ジョーンズ」に見えてしまう。

 

いまいち、入り込めなかった。

 

 

逃亡者

ハリソン・フォード主演の映画である。

 

医師が自宅に帰ると、妻が襲われ瀕死の状態だった。

 

妻の最後の言葉から犯人の手がかりを得るが、警察は彼を逮捕し起訴する。

 

裁判で死刑判決を受けるが、護送中に逃亡し、独自に犯人捜しに乗り出す。

 

逃げた医師を追いかける刑事役が、トミー・リー・ジョーンズだ。

 

敏腕刑事の追跡をかわしながら、真犯人に迫っていく。

 

スリルとサスペンスが連続し、観ている者に、絶え間なく緊張感と不安感を持たせる演出は、実に素晴しい。

 

観終わった後の疲労感が、心地よい。

ワールド・ウォー・Z

ブラッド・ピット主演の映画である。

 

ゾンビが人を襲うホラー映画だ。

 

そのゾンビは、人に噛み付き、咬まれた人が直ぐにゾンビになってしまう。

 

ウィルスによる「病気」という設定だ。

 

序盤からゾンビの襲撃シーンがあり、一気にその世界へ吸い込まれる。

 

最後まで、ハラハラ・ドキドキが続く作品である。

 

邦画の監督も演出家も、どうしてこの真似が出来ないのだろう。

 

ハリウッドでも脚本家不足で、日本のアニメを買って実写化している。

 

だから、おもしろさの差は、演出の差なのだ。

 

資金の差もあるが。